How to CHOOSE リノベーション会社の選び方

リノベーションは、どこに依頼したらいいの? とお悩みではありませんか。まずは、リノベーションのご希望や予算を考えましょう。
工務店・設計事務所・リノベーション会社をそれぞれ比較しながら、リノベーション会社を選ぶ方法をご紹介しています。

リノベーション会社・工務店・設計事務所のどこに?

リノベーションをするなら、リノベーション会社・工務店・設計事務所のどこに依頼しますか? 実績の多いリノベーション会社だと安心感があります。しかし、地元の工務店はより親身になってくれそうですし、設計事務所はセンスのよいリノベーションプランを考えてくれそうですs。それぞれにメリットがあり、迷ってしまいますね。リノベーションの業者ごとに、メリットとデメリットをまとめてみました。

〈地元の工務店〉
一概には言えませんが、工務店は”技術力が高いけれど、デザインが苦手”という傾向にあるようです。そのため、リノベーションのプランを外部の設計会社に依頼することも珍しくありません。そうなると、リノベーションの希望が伝わりにくくなりますね。お施主さまは、リノベーションの要望を文章にしたり、お好きなテイストの写真を用意するなど、理想のイメージを正確に伝えるためのちょっとした手間が必要です。しかし、技術面での信頼性は抜群です。たとえば、地元の小さな工務店は、お施主さまと職人さんが直接、打合せを行うこともあります。また、工務店の社長や現場監督は元大工さんや元左官職人さんという場合も。リノベーションの希望を伝えると、その場で施工方法を考えてくれるなど、打ち合わせはスムーズです。ただし、職人さんによって工事に得意不得意があります。せっかくリノベーションで実現したいことがあっても、その工事が担当する職人さんの苦手分野だと「できない」と断られてしまうことも。そのときは、他の工務店にも相談してみましょう。

〈設計事務所〉
設計事務所の特徴は、デザイン性の高さにあります。設計だけに特化していることもあり、雑誌から飛び出てきたようなハイクオリティのプランニングが得意です。ただし、工事は工務店に任せるケースがほとんど。プランの修正が入っても、それで工事ができるかどうかを確認するのに手間がかかり、なかなかスムーズに進みません。また工務店やリノベーション会社に比べると、設計料がやや割高の傾向です。とは言っても、その設計事務所にしかできないリノベーションプランは魅力的。柔軟な発想、その設計事務所にしかできないオリジナルのリノベーション空間をつくってくれます。その設計事務所のデザイン性がとても気に入ったのなら、多少コストがかかっても、依頼してよいと思います。

〈リノベーション会社〉
リノベーション会社には大手と中小があります。大手は全国展開しているのに対し、中小のリノベーション会社はエリア限定。「大手のリノベーション会社のほうが安心」という方もいますが、ほとんどの大手リノベーション会社は、工事を他の工務店に任せています。そうすると、設計と施工の意思疎通が図りにくく、工事にミスが生じたり、急なプラン変更に対応できなかったりと問題点が生まれます。一方、中小のリノベーション会社には、設計施工を一貫して行っているところも。社内に数人のデザイナーを抱えているリノベーション会社は、デザイン性は設計事務所と同じレベルで、かつ設計料は低め、工事もスムーズに進行します。さらに、リノベーション会社は、物件購入からプランニング、施工、アフターサポートなど、すべてが一元化されており、全てがスムーズに進行します。「この日までに引っ越したい」という方も、安心して任せることができるでしょう。予定内にリノベーションが完了し、引っ越しのスケジュールをたてやすいことも大きなメリットです。ポイントは、たくさんの実績と技術、デザイン力がありそうなリノベーション会社を選ぶこと。HPの実例を見たり、担当者の話を聞くなどし、信頼できるリノベーション会社を探しましょう。

リノベーションのDIYと業者依頼

DIYによるセルフリノベーションが流行しており、「やってみたい」という方が増えています。〈DIYの初心者キット〉なども販売されているため、壁にペイントしたり、クロスやタイルを貼ったりと、気軽にチャレンジしやすくなってきましたね。DIYは、業者に依頼するよりもコストを抑えることができるだけでなく、素材や施工の知識も身に付き、またものづくりの楽しさを感じられます。ただし、ペンキの塗りムラやクロスのたわみ、タイルの歪みなどができやすく、プロの職人さんに比べると仕上がりは劣ります。それが味になるようなラフなテイストであればOKですが、「もっとモダンに美しく仕上げたい」という場合には、おすすめできません。また、広い面積の壁や天井に塗装するには、かなりの根気と集中力が必要です。チャレンジしてみたものの、途中で断念してしまう方も。そこでおすすめなのが、玄関やLDKなどキレイに仕上げたいパブリックスペースはプロに任せて、寝室などプライベートな空間だけDIYにする、という方法です。壁の珪藻土に家族の手形を残したり、ご自身で模様を描いてみたり。思い出をつくることができるのは、DIYのセルフリノベーションだけが持つ大きなメリットです。

リノベーションの相見積りで気をつけること

数社にリノベーションの相見積りをとるのは、決して悪いことではありません。むしろ、その会社のこだわりや方向性を比較するために、大切なことだと思います。ただし、相見積りをとるときに気を付けなければならないことがいくつかあります。 〈1〉3社ほどに絞る
これだけたくさんのリノベーション会社があると、「あちらの方が安いかな」「でもセンスがいいのはこっちかな」なんて目移りしてしまいますね。しかし、見積もりを依頼する=長時間の打合せを行う、ということ。欲張ってたくさんの会社に見積もりを依頼すると、それだけ時間と労力がかかってしまいます。また、リノベーション会社によって得意なテイストがある場合、いつのマにかそちらに流されしまうことも。リノベーションの相見積りをとるなら、3社程度に絞り、各リノベーション会社と綿密な打合せを行いましょう。

〈2〉他者の見積もりを見せない
A社の見積りを「こちらと同じ仕様で、御社ならいくらでできますか?」とB社に見せるのは御法度です。リノベーションの見積書には、会社の独自のノウハウ、コストダウンの努力などが書かれています。それを見せるということは、A社の信頼を失うだけではありません。「もしかしたら私たちの見積書も他社に見せるのでは」とB社の信頼も失うことになり、その後のリノベーションも価格ありきの魅力的ではないものになってしまうでしょう。リノベーションは長い付き合いになるため、まずはお互いに信頼関係を築くことが大切です。

〈3〉数字だけで判断しない
同じ間取り・テイストで数社に見積りをとっても、かならず価格に差が生じます。不思議に思うかもしれませんが、はっきりとした理由があります。リノベーションのプランやデザイン、素材や設備は、各社のデザイナーがセレクトしたものを採用します。「ここは見せ場だから、大理石を使いたい」「ここはあまり見えないからコストダウンしよう」など、デザイナーのこだわりや工夫が反映されるため、見積りの価格に大きな差が出てしまいます。見積価格が異常に安いリノベーション会社は、ランクの低い素材や設備でコストダウンしている可能性があるため、気をつけましょう。このように、リノベーション費用の価格だけで会社を選んでしまうと、建売りと変わらないようなありきたりの住まいになってしまいます。細かな箇所にも住む人のこだわりを追求できるのがリノベーションの魅力なのに、もったいないですね。もし「いいな」と思うリノベーション会社があり、見積価格が予算オーバーしていたら、その旨を伝えて予算調整してもらいましょう。希望に優先順位をつけながら、コストバランスを図ってくれるはずです。決して見積書の数字だけで会社を判断しないようにしましょう。

リノベーション会社を選ぶときのポイントをご紹介しています。とくにご注目いただきたいのは、相見積りを依頼する時の注意点です。
リノベーション会社を見積書だけで決めるのは危険です。価格で選ぶのではなく、“プランの内容”でしっかりと判断しましょう。

リノベーションとは トップ