Cost of RENOVATION リノベーションの費用

リノベーションの費用はあいまいで、わかりにくい、というイメージをお持ちではありませんか?
リノベーションの費用を左右するのは、住まいの現状です。リノベーション費用のアップにつながる要因をご紹介します。

リノベーションと費用

「リノベーションの費用はわかりにくい」と言われることがありますが、どうしてでしょう? たとえば一戸建てを新築する場合。土地の状態や条件に大きな違いがなければ、費用はほとんど一緒です。これに対し、リノベーション費用には既存状態が大きく影響します。同じような住まいをつくるにしても、既存の状態によっては、構造補強や配管工事が必要になり、リノベーションプランが異なります。リノベーション費用が新築費よりもわかりにくい、というのはこのためです。これから、リノベーション費用を左右する要因をご紹介します。

〈老朽化対策〉
築年数が古く、目で見えない部分が劣化しているケース。漏水の恐れがある給水・給湯配管の交換、腐食した排水管の交換、高架水槽から直結給水への変更、屋上の防水工事、屋根の葺きかえ、外壁のやりかえなど。窓から入る冷気が気になる場合は、古くなったサッシを交換することも。リノベーションでは必ず見直しが必要な、住まいの基本的な部分です。

〈機能性〉
住まいの機能性が低下しているケース。新耐震基準に適合していなかったり、経年で構造躯体が劣化している一戸建ては、リノベーション時に構造チェックを行い、耐震工事を行います。築年数にもよりますが、新耐震基準法の施行前に建てられた建物は、とくに注意が必要です。また、古い物件は断熱材が入っていないこともあるため、その場合はリノベーションで断熱材を入れます。

〈プラン〉
リノベーションプランにこだわるケース。リノベーションするとき、ほとんどの人がいくつものご希望をお持ちです。「リビングを広くしたい」「キッチンを移動したい」「もう一つトイレがほしい」など。しかし内容によっては、リノベーション費用が高くなってしまいます。たとえば、天井まで届くほど大きなドアを取り付けたいと思ったとき。天井の高さに合わせてオリジナルのドアをつくります。当然、既製品のドアよりもリノベーション費用は高くなります。また、厚みの違うタイルとフローリングをフラットに張る、袖壁を薄く見せる・厚く見せる、吊り引き戸の枠を見せないなど。いずれも下地の調整が必要で、手間もコストもかかります。「リビングのテイストに合うTVボード」が欲しいという場合は、家具をオーダーし、現場で取り付ける家具造りに。こちらもリノベーション費用に影響します。ディテールにこだわるほど美しく心地のよい住まいになりますが、それがコストを押し上げる原因になることも。

〈下地の状態〉
下地をそのまま使えないケース。リノベーションでクロスを貼り替えるとき、下地の状態によっては、下地調整といった追加工事が必要です。また下地の壁が垂直ではなく納まりが悪いとき、壁を新たに設置する場合も。床も同様です。「床の張り替えだけ」と思っていても、床が傾いている場合は既存の下地をすべて解体し、造り直します。

〈工事の条件〉
工事に条件が課せられているケース。工事内容だけでなく、工事の条件もリノベーション費用に影響します。たとえば、住みながらリノベーションする場合、数回に分けて工事をすることに。空き家を一気にリノベーションするよりも、工期も費用がかかります。また、近隣住民やマンションの管理組合から工事の時間制限を要求されることもあります。そうなると工期が長くなり、リノベーション費用もかさみます。

このように、さまざまな要因が複雑にからみあって、リノベーション費用が決まります。最初からリノベーション費用を明確にお伝えできないのは、このためです。

リノベーションのコスト調整

さまざまな要因から膨らんでしまうリノベーション費用を、予算内に抑える方法があります。リノベーションのご希望に、優先順位をつけることです。リノベーションの優先順位をつけるには、「なぜリノベーションしたいのか」をはっきりとさせることが大切です。たとえば、「ご実家を二世帯住宅にしたい」という明確な目的がある場合。玄関やキッチン、トイレを増やすなど、お互いが気兼ねなく過ごすためのリノベーションプランを優先すべきです。また、「古くなった実家で、これからも長く暮らせるようにしたい」というときは、構造補強はもちろん、将来を見据えてバリアフリーを検討するのもよいでしょう。逆に「ホテルのような住まいにしたい」というデザイン面でのご希望が強い場合。伸びやかさを感じさせる空間構成や上質な素材にこだわり、居心地のよさを高めます。デザイン性を重視する一方で、既存を使ったりしてコストバランスを図ることも可能です。ただし、住まいの構造や基本性能に不安がある場合は、そちらを優先すべき。安全性や暮らしやすさを大きく左右します。耐震工事・断熱工事・配管は、ふだんは見えない部分です。後から交換しようとすると、大掛かりな工事になってしまいます。リノベーションの解体時に行えば費用を最小限に抑えることができるため、ぜひ併せて検討しましょう。

リノベーションとお得なローン

リノベーション費用は、ローンで借り入れることがきます。一般的に、リノベーション費用はリフォームローンか住宅ローンで借り入れることになります。2つのローンを比べてみましょう。

〈リフォームローン〉
無担保
高金利
最長10年まで借り入れ可能
借り入れ可能額は500万円まで

〈住宅ローン〉
有担保
低金利
最長35年まで借り入れ可能
借り入れ可能額は5000万円まで

こうして比べてみると、低金利で長期的に借り入れができる住宅ローンのほうが有利ですね。大幅な間取り変更を伴うリノベーションだと、リノベーション費用が1000万円を超えることがほとんど。そんなとき、低金利で長期的に借り入れができる住宅ローンはメリットが大きいようです。物件購入時の住宅ローンの残高も、リノベーション費用と併せて借り換えができます。数回に分けてリノベーションするよりも、一度にまとめてリノベーションするほうが総額は安くなるようです。また、住宅ローン減税が適用されることもポイントです。住宅ローンを借り入れることで、毎年所得税の一定額が控除されます。こうしたメリットから、住宅ローンで借り入れをし、気になる箇所をまとめてリノベーションする方も少なくありません。ただし、どちらのローンも違法建築だと借り入れができません。物件の購入前に、違法建築かどうかを調べておきましょう。

リノベーションの設計費用

リノベーションには、設計料がかかります。会社ごとに異なりますが、だいたい工事費用の5~15%です。ここで気をつけていただきたいのは、金額よりも〈設計図がきちんと描かれているか〉〈創意工夫が感じられるか〉に注目すること。これによって、リノベーションの完成度に大きな違いが生まれます。たとえばアトリエ系の設計事務所は建築写真に出てきそうな美しい住まいを提案してくれますが、設計料は10~20%とやや高めです。一方、大手建設会社や工務店、リノベーション会社は自社設計施工のため、比較的低い設計料でリノベーションを行っています。しかし、設計料が低いからといって、お施主さまが得しているとは限りません。たとえば、設計料のパーセンテージが低いリノベーション会社は、工事費用に上乗せして請求している場合があるからです。また、設計料を下げるためにリノベーションプランをパターン化したり、限られた素材しか使えないケースもあります。これでは、自分らしい住まいをつくることはできないでしょう。設計料が他より高い設計事務所でも、リノベーションプランが本当に気に入ったのなら、結果的に満足できるはずです。設計料にとらわれていては、理想的な住まいづくりができません。みずみずしくユニークなアイデアを持ち、どんなご希望でも叶えようと努力してくれる会社に、リノベーションを依頼しましょう。優れた設計力があり、「ぜひここにお願いしたい」と思えるリノベーション会社が見つかったら、予算面でも相談してみましょう。予算オーバーであれば、既存を活かしたり、既製品を組み合わせるなどしてコストバランスを図ることも可能です。

リノベーションの費用は、いつの間にか膨らんでしまうことがあります。そうならないためにも優先順位をつけましょう。
リノベーションをする目的は? 間取り? デザイン? 優先すべきものを重視してコストバランスを図れば、費用を抑えることができます。

リノベーションとは トップ