1. リノベーションTOP
  2. 人気賃貸マンションに!一棟リノベーションのポイント

人気賃貸マンションに!一棟リノベーションのポイント

  • 2017.08.18
  • リノベのこと
  • 304view
  • Share On
  • はてなブックマークに追加
賃貸マンションを一棟リノベーションした事例

出典:賃貸マンション一棟リノベーション crat

賃貸オーナーのみなさんはご存知だと思いますが、今は借り手市場のまっただ中。残念ながら「賃貸に出せば、かならず借り手がつく」わけではありません。


一方で、常に満室の賃貸マンションがあります。空室率が目立つ賃貸物件と、いつも満室の人気賃貸物件の違いはただ1つ。借り手の満足度です。わざわざ言うまでもなくらいシンプルですが、いざとなると具体的に何をすべきかわからなくなりますね。


今回は、人気賃貸マンションにするためのポイントをご紹介します。

空室率が目立ち、メンテナンス費用がかさむ...

当然ながら、人気は新築の賃貸マンションに集中します。

 

古くても立地がよければニーズは見込めるものの、駅からちょっと離れていたり、とりたてて特徴のない賃貸物件はどうでしょう。内見をする前に、候補から外されてしまったり、ぐっと家賃を下げなければ借り手がつきません。さらに悲しいことに、古い賃貸物件ほどメンテナンス費用がかさんできます。

 

賃貸の収益は下がるのに、メンテナンス費用はかかる。ほとんどの古い賃貸マンションは、こうした問題を抱えています。

リノベーションで空室率の改善、マーケットプライスの向上

空室率が目立ちはじめ、建て替えを考える方がいます。しかし、マンションやビルの建て替えには木造の2倍のコストがかかり、経済的だとは言えません。さらに解体費も必要です。

 

そこで注目されているのが、賃貸マンション一棟リノベーション

 

一棟リノベーションは室内だけでなく、外壁やエントランス、配管まで一新。つまりリノベーション費用は建て替えの1/2以下にもかかわらず、すべてが新築のように生まれ変わります。

 

”リノベーション=かっこいいというイメージが定着している今、リノベーションされていることは、新築であることと同じくらい、住み手にとって大きな価値があるのです

ありきたりではダメ?! 一棟リノベーションの事例

ただし、”ただリノベーションで新築のように戻せばいい”というわけではありません。

 

周辺のマンションと差別化するには、リノベーションで付加価値を与えること。賃料が高くても、「ここで暮らしたい」と思ってもらえる物件にすることが重要なのです。

 

クラフトの賃貸マンション一棟リノベーション事例から、ポイントをピックアップ。周辺エリアを調査し、ターゲットのニーズに合わせてリノベーションしたことで、常に満室をキープしています。

〈point1〉人気の対面キッチン

賃貸マンションを一棟リノベーションした事例

出典:賃貸マンション一棟リノベーション crat

昔ながらの独立したキッチンは、若い夫婦に人気のオープン対面キッチンに変更しました。

 

カウンターはダイニングテーブルとして使えるように。ダイニングテーブルがいらないため、リビングを広く使うことができ、さっと朝食を食べるなど共働きの夫婦にも好評です。キッチンに窓があることもポイントが高いですね。

 

2人暮らしのたのしさをイメージさせるキッチンで、借り手の心をつかんでいます。

〈point2〉賃貸ではめずらしいWIC(ウォークインクロゼット)

賃貸ではあまり見かけることのないWIC(ウォークインクロゼット)。

 

「片付けやすい」「服を選びやすい」ということから、特に女性に喜ばれます。さらに寝室とひと続きにしたことで、暮らしの動線を短縮し、朝の身支度をスムーズに。

 

「賃貸マンションは収納が少ない」という声を多く聞きますが、こうして収納を十分に確保することは、大きな差別化ポイントとなります。

〈point3〉ゆったりワンルーム気分

「1LDKで、リビングは広いほうがいい」という借り手のニーズを考慮したのが、こちらの間取り。

 

2人暮らしに人気の1LDKは、リビングと寝室を引き戸で間仕切りしました。天井まで大きく開口しているため、引き戸を開けるとリビングと寝室が一体の大空間に。大きなワンルーム感覚で過ごせるようになっています。

〈point4〉インパクトのあるクールな外観

賃貸物件を一棟丸ごとリノベーションした事例

出典:賃貸マンション一棟リノベーション crat

周辺の建物を調査したところ、白やベージュの淡いマンション・アパートが多いことがわかりました。そこで外観をダークグレーにして重厚感を演出。近隣住民や通行人に圧迫感を与えないよう、一部を白く塗装しています。

 

、白とダークグレーのコントラストはちょっとしたインパクト。住む人が誇らしさを感じる、クールなたたずまいです。

〈point5〉美しいエントランス(オートロック付き)

これまでエントランスがありませんでしたが、今回のリノベーションで設けました。

 

床にはベージュのタイルを貼り、上品でゆったりとしたイメージに。アルミの壁でスタイリッシュに仕上げつつ、駐輪場は木の縦格子であたたかさも感じられるように仕上げています。

さらにオートロックシステムを導入してセキュリティ性をアップ。ターゲット層はDINKS~3人家族。女性や小さなお子さまも、安心して暮らせるようにしています。

〈point6〉川を望むため、特別に大きな窓

川に面した腰窓は、床から天井まで届くほど大きな窓に変更しました。窓には川と空が映り、贅沢な開放感が生まれています。

 

使用したのは熱線反射ガラス。日射量を抑えつつ、ミラー効果で外から室内が見えないように。天気のよ日は大きな窓から富士山が見えるとか。カーテンを開けっ放しでも、誰にも気兼ねせず過ごせるようになっています。

まとめ

クラフトが手掛けた、賃貸マンション一棟リノベーションの事例をご紹介しました。

 

ターゲットをしっかりと選定し、ニーズに合った間取りとデザイン、仕様、設備でリノベーション。いずれも賃貸に出してほどなく満室になり、数年経った今でも満室状態をキープしています。

 

今回ご紹介したのは、”その賃貸物件が位置するエリア”においてベストなリノベーションです。その街の家族構成、男女比率によって、ターゲットが異なり、プランもデザインも変わってきます。

 

 借り手市場の今、選ばれているのは「住み手に寄り添う」マンションです。

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • pocket
LINE@
この記事に関連するまとめ
ページの先頭へ