1. リノベーションTOP
  2. 2017年に最も見られたリノベーション事例 BEST5!

2017年に最も見られたリノベーション事例 BEST5!

  • 2017.12.25
  • リノベのこと
  • 587view
  • Share On
  • はてなブックマークに追加
リノベーション事例画像

出典:リノベーションcraft

今年もたくさんのリノベーション事例をご紹介させていただきました。


そこで今回は、2017年に最も見られたリノベーション事例BEST5 をご紹介します。


モノトーンのシンプルモダンな住まいから、古材や黒皮鉄を使ったラフな住まい、ベースメント風のプレイルームまで。さまざまなデザインテイストがランクイン! バラエティに富んだデザイン事例の中から、みなさまのお気に入りは見つかるでしょうか? 

〈1位〉古材やモルタル、黒皮鉄。ラフなくつろぎ

リノベーション事例画像

リノベーションを前提に、築14年のマンションを購入したKさん。バルセロナで暮らしたご経験から「センスがよくて開放的な家で暮らしたい」という想いがあったそうです。

 

まずは間仕切り壁を撤去してLDKを拡大。ダイニングの横には小上がり、その奥にはかまくらのようなSOHOを。こもって読書や仕事ができる、隔たれた空間に仕上げました。自室にこもるのではなく、いつも家族の気配を感じながらも作業に集中できそうです。

 

天井はコンクリート躯体あらわしに。天井高をアップするとともに、経年したコンクリートがクールな印象を与えています。そのほか古材を使ったキッチンの腰壁、黒皮鉄の小上がり、墨入モルタルの土間など、ラフな素材感を散りばめて〈ラフであたたかい住まい〉をつくりました。使ううちに素材の風合いが深まっていくことも、たのしみの1つです。

 

(2017年1月23日メルマガ配信)

〈2位〉素材の表情を求めて。趣のある白い家

リノベーション事例画像

お住まいのマンションを窮屈に感じていたご夫婦。これまでの2LDKを、1LDK+WICの間取りに一新しています。リクエストは「白でまとめたナチュラルな空間」。

 

ただ単純に白でまとめてしまうと、無機質で詰めたい印象になりかねません。そこで木や石、タイルといったテクスチャーのある素材を使い、「表情ゆたかな白い家」に。シンプルな空間に、おだやかな素材の表情がただよい、心地よさを形成します。

 

また長い廊下を取り込んでLDKを拡大し、キッチン~洗面~リビングと回遊できる動線に。行き止まりのない間取りによって、伸びやかさと風の通り道ができました。

 

(2017年5月15日メルマガ配信)

〈3位〉趣味の部屋は ”大人のベースメント風”に

リノベーション事例画像

両親から受け継いだ、築40年のRC戸建て。「父が遺した大切な家に住み続けたい」と、建て替えではなくリノベーションを選択しました。2~3階は住居に、1階はご主人さまの趣味の部屋に。モルタルや古材、黒スチールなどハードな素材を使って、”大人のベースメント風”に仕上げています。

 

「できるだけ躯体は触りたくない」という強いご要望から、既存の壁を活かして室内窓を設置。空間をほどよくゾーニングするとともに、グリット(格子)の配置にこだわって整然とした美しさを演出しました。土間スペースは、ガラスの向こうまで続くほどの広さを確保。仲間がふらりと立ち寄りやすい気軽さもポイントです。

 

音楽を聴いたり、映画を観たり、お酒を飲んだり。大切なひとときを盛り上げてくれそうな、大人のプレイルームです。

 

(2017年9月11日メルマガ配信)

〈4位〉猫も人も心地よく。上質なシンプルモダン

お子さまが独立したご夫婦。将来を見据え、階段のないマンションに住み替えることにしました。奥さまの理想は「ワンルームのように伸びやかなで、シンプルな空間」です。

 

そこで洋室と廊下の一部を取り込み、キッチンをオープンにしてLDKを拡大。LDKのどこにいても、窓に映る景色をたのしめるようになりました。インテリアは白をベースに、黒とグレーがアクセントのシンプルモダン。やさしく輝く天然石やガラスを使って、華やかさもプラス。お気に入りのカッシーナやアルフレックスといった家具がフィットする、大人の上質な空間となっています。

 

寝室~ダイニング、キッチン~洗面室の間には、猫専用の出入り口を設けたこともポイント。愛猫が自由気ままに邸内を移動できるように。ちょっとしたアイデアを取り入れています。

 

(2017年8月7日メルマガ配信)

〈5位〉どこにいても家族の気配。子育てしやすく

リノベーション事例画像

お子さまの誕生にともない、高台のマンションに住み替えたご夫婦。小さなお子さまに目が届きやすい間取りを計画しました。

 

まずは独立キッチンをオープンにし、子ども部屋をリビング横にレイアウト。料理中の奥さまからは、リビング・ダイニングや自室の様子が一目瞭然。お子さまを見守りながら、安心して家事ができるようになりました。

 

メゾネットタイプのマンションは上下階が分断されがちですが、こちらは地下にオープンの音楽室を設置。リビングのドアを開放しておけば、キッチンからも階下の様子がわかります。LDK~子供部屋~和室~音楽室をゆるやかにつなげるプラン。別々に過ごしていても、お互いの気配を感じることができるようになりました。

 

(2017年4月24日メルマガ配信)

まとめ

2017年の一年間に多く見られたリノベーション事例をご紹介しました。古材やアイアン、コンクリートのラフな空間も上位に目立ちましたが、クラフトらしいモダンな空間もランクインしていましたね。テイストはさまざまですが、シルエットや納まりの美しさ、光の陰影、素材感といった”クラフトらしさ”はどの事例にも共通しています。

 

写真では、空気感のようなものが伝わりにくいかもしれません。気になる方はクラフトの3つのモデルルームにお越しください。青山・新宿・自由ヶ丘でそれぞれデザインコンセプトが全くちがうものの、同じ心地よさを感じていただけるはずです

 

 

はじめは「こんなことは無理だよね?」「予算が足りないかも」なんてことを考える必要はありません。できる・できない置いといて、まずはたくさんのリノベーション事例をヒントに”やりたいこと””理想の暮らし”を見つけることからスタートしましょう。リノベーションを思いっきりたのしむことが、何よりも大切です。

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • pocket
LINE@
この記事に関連するまとめ
ページの先頭へ