MANSION RENOVATION

賃貸再生一棟丸ごとリノベーションは、空室が目立つ賃貸マンションにお悩みのオーナーさんから多くお問合せいただきます。
人々のライフスタイルの理想が高くなった今、住み心地やデザイン性、セキュリティを向上させる賃貸再生一棟丸ごとリノベーションが人気です。

賃貸再生1棟まるごとリノベとは

賃貸用マンションやアパートは、古くなるにつれて、空室率が目立ってきます。これはただ単に、「仕上げや設備が古いから」という理由だけではありません。昔の間取りやデザインが現代のライフスタイルや好みに合わなくなってきたことも、大きな要因の一つです。せっかく駅近の好立地にある物件も、こうした理由で入居者の選択肢から外されてしまうこともあります。このように時代に取り残された賃貸物件は、「ぎりぎりまで価格を下げたのに、借り手がつかない」ということにもなりかねません。賃貸再生一棟丸ごとリノベーションでは、こうした物件のポテンシャルを活かしつつ、間取りやデザインをゼロからつくり変えます。ではこれから、賃貸再生一棟丸ごとリノベーションで〈できること〉についてご説明していきます。

賃貸再生1棟まるごとリノベ_事例 #246

賃貸再生1棟まるごとリノベ
事例 #246

場所_東京都 / 計9世帯
築年数_築35年 / リフォーム面積_315㎡
工期_6ヶ月

MORE

「賃貸マンションの借り手がつきにくくなった」「使ってない社宅を賃貸マンションにしたい」といったご相談をいただくことがあります。とくに賃貸マンションは、古ければ古いほど、仕上げや設備の老朽化や時代遅れなデザインがネックとなり、空室率が目立ってくるようです。賃料や敷金・礼金を下げても入居者が決まらず、頭を抱えているオーナーさんも少なくありません。一方で、社宅を一棟買い取って、賃貸再生一棟丸ごとリノベーションを行う方もいます。ただし、ありきたりな間取りやデザインにリノベーションするだけでは、必ずしも借り手がつくとは限らないようです。

人々のライフスタイルに対するモチベーションは、年々高まっています。いくら賃貸だからといって「雨風しのげればいい」というわけではありません。「オープンキッチンがいい」「大きなLDKが欲しい」「収納はたっぷり」など、ニーズは多岐にわたります。デザイナーズマンションやリノベーション済み物件など特徴的な賃貸物件が多いなか、選ばれる物件になるためには、快適性、デザイン性、そしてオリジナリティが必要です。これらの付加価値がなければ、競争に打ち勝てない時代になっています。そのために、賃貸再生一棟丸ごとリノベーションでは最初にターゲットをできるだけ細かく絞り込みます。近所に大学が多ければ、学生をターゲットに。公園の多い住宅地であれば、小さなお子さまのいるご家庭をターゲットに。また、都心にアクセスのよい立地なら、単身の都心で働く男女を想定してプランを考えることもあります。場合によっては近所の不動産屋さんにヒアリングを行い、それらのターゲットがどのような住まいを求めているかを掴みます。

たとえば、学生街の古い木造アパートを賃貸再生一棟丸ごとリノベーションしたとき。洗面・浴室と収納をできるだけミニマムにして、一カ所にまとめ、リビングを広げました。ポスターやグリーン、本をラフに置いても絵になるようなスタイリッシュさが若者の目を惹き、賃貸再生一棟丸ごとリノベーション後、すぐに満室となりました。また、働く女性をターゲットに賃貸再生一棟丸ごとリノベーションしたときは、フロントドアとオートロックドアの二重扉を設けるなどセキュリティに十分に配慮しました。トイレ・バスは別々で室内洗濯干場も完備。大理石調の外観と間接照明で、帰宅がたのしみになるようなマンションに生まれ変わりました。賃料を上げたにもかかわらず、こちらもすぐに満室となりました。それぞれのターゲットが「どのような空間を望んでいるか」をしっかりと把握し、それに合わせてオリジナルのプランを考えて行くのが、賃貸再生一棟丸ごとリノベーションの強みです。

賃貸再生1棟まるごとリノベ

賃貸再生一棟丸ごとリノベーションについて。空室率が目立っていたマンションがどのように生まれ変わったかをご紹介しています。
ターゲットが求める間取りとデザイン、設備をキャッチし、オーダーメイドで賃貸再生一棟丸ごとリノベーションを行っています。

賃貸再生1棟まるごとリノベ トップ