MANSION RENOVATION

今のお住まいをリノベーションするか、いっそのこと建て替えるか、住み替えるか。いくつもの選択肢の中で、迷っている方は多いようです。
今のお住まいをリノベーションするとき、まずはっきりさせたいのは、お住まいに感じているご不満です。それらを解決するプランをつくります。

今のお住まいをリノベーションとは

今の住まいをリノベーションするか、建て替えるか、いっそのこと住み替えるか。どの方法がベストなのかを考はじめると、それぞれのメリットがわからず迷ってしまいます。今のお住まいをリノベーションする方法を選んだ場合、住み慣れた街で、親しくしていたご近所さんとともに、これまで通りの暮らしを続けることができます。また、建て替えや住み替えよりもコストを抑えられるケースもあるでしょう。しかし、構造補強をすると、建て替えよりもコストが高くなってしまうことも。必ずしも今のお住まいをリノベーションするのがベスト、というわけではありません。これから、今の住まいをリノベーションのメリットと注意点をご説明します。

今のお住まいをリノベーション_事例 #341

今のお住まいをリノベーション
事例 #341

場所_東京都 / 夫婦+猫1匹
築年数_築39年 / リフォーム面積_72㎡
工期_3.5ヶ月

MORE
今のお住まいをリノベーション_事例 #414

今のお住まいをリノベーション
事例 #414

場所_東京都 / 本人
築年数_築24年 / リフォーム面積_95㎡
工期_3ヶ月

MORE

例えば、今のお住まいが古く、構造補強が必要になる場合。構造補強はコストがかかるため、内容によっては建て替えと同じくらいのリノベーション費用になってしまいます。そういうときは、今のお住まいをリノベーションするよりも、建て替えをおすすめします。ほかにも、マンションをもっと広くしたい場合や、周辺環境にご不満がある場合。当然ですが、これらはリノベーションでは解消できません。こういったケースも、今のお住まいをリノベーションするよりも建て替え・住み替えのほうがおすすめです。ただし、「家が窮屈」「光が入らない」など、ご不満の内容によっては、視線を通す、間仕切りをガラスに変えるといった工夫で解決できます。そのため今のお住まいをリノベーションするときは、“現状のどこに不満を感じているか“をはっきりと認識することが大切です。そのうえで、リノベーション会社がどのように解決してくるかを確認しましょう。

このように、“既存の暮らしにくさがはっきりとわかる”というのが、今のお住まいのリノベーションの特徴です。買ったばかりの住まいよりも、長年暮らしてきた住まいのうが、暮らしにくさをリアルに感じます。「結露ができやすい」「寝室だけが寒い」「深夜の道路の音が気になる」など、長い間その住まいで暮らしていたからこそわかることが、必ずあるはずです。それらに対し、インナーサッシを設けて結露・寒さ・騒音対策をしたり、建具を引き戸に変えて通気性を高めたり、壁に珪藻土を塗ったり。小さな不満を一つ一つ解決し、過ごしやすい空間に替える。これが、今のお住まいをリノベーションする大きなメリットです。今のお住まいをリノベーションするときは、リノベーション会社に既存のご不満を正確に伝えましょう。

そしてもう1つ。今のお住まいをリノベーションすると、メンタル面でも大きなメリットがあります。柱に刻んだお子さまの身長や、懐かしい記憶を刻んだ木製のドア、お父さまが大切にしていたステンドグラスの窓など。長年暮らしてきたお住まいには、たくさんの思い出が残っているのではないでしょうか。今のお住まいをリノベーションするなら、こうした個人的な思い出を活かしながら、懐かしくてあたたかいオリジナルの空間をつくってみてはいかがでしょう。今のお住まいをリノベーションは、既存の不満を解消しつつ、ご希望の間取りやデザインに仕上げ、そのなかに長年刻んだ思い出を残すことができます。家族の思い出を守りながら世代を越えて住み続けることは、とても素敵なことだと思いませんか。

今のお住まいをリノベーション

今のお住まいをリノベーションには、どのようなメリットがあるのでしょうか。その一つに、“既存のご不満を明確にしやすい”という点があります。
今のお住まいをリノベーションでは、騒音や結露といった、今お住まいだからこそわかるご不満を解消します。また、思い出を活かすことも可能です。

今のお住まいをリノベーション トップ