MANSION RENOVATION

3階建て・3層住宅リノベーションは、都心の限られた土地で、伸びやかに暮らす方法として注目されています。
ただし、3階建て・3層住宅リノベーションは「暗い」「風通しが悪い」といったデメリットを解消するプランと、深い建築知識が必要です。

3階建て・3層住宅とは

都心の住宅密集地などでよく見られる3階建て・3層住宅。こうした中古物件を買ってリノベーションすると、どのようなメリットがあるのでしょうか? そもそも3階建て・3層住宅は、限られたスペースに住居スペースを広く確保するために考えられた、都市型住宅です。3階建ては周囲の建物よりも高いことが多く、プライバシーを保ちつつ、通風・採光・眺望を取り入れやすくなります。また、地下1階、地上2階建ての3層住宅は、斜線制限により3階が狭くならざるを得ない地上3階建てよりも居住スペースを広く確保できます。3階建て・3層住宅リノベーションする場合は、こうした建物のメリットを活かしたプランを考えることが大切です。3階建て・3層住宅リノベーションをお考えの方は、経験とアイデアが豊富なリノベーション会社に依頼しましょう。

3階建て・3層住宅_事例 #282

3階建て・3層住宅
事例 #282

場所_東京都 / 両親 +夫婦+子ども2人
築年数_築19年 / リフォーム面積_175㎡
工期_4ヶ月

MORE

3階建て・3層住宅リノベーションは、“都心の狭い土地で、広い居住スペースを確保しやすい”というメリットがありますが、それがデメリットにもつながっています。「フロアごとの移動が大変」「隣家の視線が気になる」「風通しが悪い」などです。そこで、3階建て・3層住宅リノベーションでは、これらを解決するプランを考えます。たとえば、階段の位置を移動したり、段数を増やしてフロアの移動をスムーズにしたり。家族がくつろぐリビングを日当りのよい3階に設けるのもおすすめです。また、中庭を設ければ、隣家の視線を気にせず採光・通風が可能です。さらに3階建て・3層住宅リノベーションでおすすめなのがトップライトです。トップライトは、通常の窓より3倍の採光が可能と言われています。吹き抜けやFIXガラスを設け、トップライトの光を住まい全体に行き渡らせることで、隣家の視線を気にせず、明るい空間をつくることができます。3階建て・3層住宅リノベーションをする際は、具体的にどこに不満を感じているかをリノベーション会社にはっきりと伝えましょう。それらを解決しながら、建物のメリットを活かす画期的なプランを提案してくれるはずです。

最近では、3階建て・3層住宅リノベーションを前提に中古物件を購入する方も少なくありません。しかし、3階建ての購入で見落とされがちなのが、法的制限です。とくに木造の3階建てには、“高さ制限”や“日影規制”といった、2階建てよりも厳しい法的制限あります、古い木造3階建ては建築基準を満たしていない場合があり、こうした違法物件は、耐久性・耐震性が不安です。たとえリノベーションをしても、資産価値が下がってしまいます。3階建てリノベーションを前提に中古物件を購入する場合は、かならず購入前にリノベーション会社に見てもらいましょう。

3階建ての構造は木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造のどれかになりますが、なかでも木造3階建ては、2階建てよりも建築基準が厳しく、使用する釘や打ち方などまで配慮する必要があります。一方で3層住宅は、地下は鉄筋コンクリート(RC)造、地上は木造2階建てという構造。木造3階建てのように厳しい法的制限はありませんが、鉄筋コンクリートの地下は地面に接しているため、湿気が溜りやすく、リノベーションの際は、防水と除湿を行うといった工事が必要です。3階建て・3層住宅リノベーションをする際は、知識と経験が豊富で、新鮮なプランを提案してくれるリノベーション会社に相談しましょう。

このように、3階建て・3層住宅リノベーションにはいくつかの制限がありますが、これさえクリアすれば、都心で広々とした住まいを手に入れることができるでしょう。3階建て・3層住宅リノベーションで、居心地のよい空間をつくってみませんか?

3階建て・3層住宅

3階建て・3層住宅リノベーションの魅力はどこにあるのでしょう? 3階建て・3層住宅は、都心の狭い土地で広い居住スペースを確保し、
隣家の視線を気にせず、伸びやかに暮らすことができます。そんな中古物件を買って、3階建て・3層住宅リノベーションを行う方が増えています。

3階建て・3層住宅 トップ