MANSION RENOVATION

「2×4 (ツーバイフォー)リノベーションをしようかな」と思ったら、まずは〈できること〉と〈できないこと〉をきちんと理解しましょう。
大手ハウスメーカーが手掛けた2×4 (ツーバイフォー)住宅は、品質が安定しており、構造を理解しやすいため、リノベーションにはぴったりです。

2×4(ツーバイフォー)リノベーションとは

2×4 (ツーバイフォー) リノベーションは、メリットとデメリットがあることをご存知ですか?
木造住宅のなかでも、2×4 (ツーバイフォー) 工法で建てられた住まいだと、ご希望の間取りにできなかったり、窓を大きくできなかったり。プランにさまざまな制約が出てきます。ご自身で工法を判断するのは難しいかもしれませんが、大手ハウスメーカーが建てた木造住宅は2×4 (ツーバイフォー) 工法が多いようです。ただし、大手ハウスメーカーによる2×4 (ツーバイフォー) 住宅は、品質が安定しており、リノベーションするにはぴったりです。工法のルールを理解して2×4 (ツーバイフォー) リノベーションを行えば、ご希望の間取りで理想の住まいに生まれ変わります。

2×4(ツーバイフォー)リノベーション_事例 #388

2×4(ツーバイフォー)リノベーション
事例 #388

場所_東京都 / 母+夫婦+子ども2人+猫1匹
築年数_築23年 / リフォーム面積_146㎡
工期_4ヶ月

MORE
2×4(ツーバイフォー)リノベーション_事例 #421

2×4(ツーバイフォー)リノベーション
事例 #421

場所_神奈川県 / 夫婦+子ども3人
築年数_築23年 / リフォーム面積_182㎡
工期_4ヶ月

MORE
2×4(ツーバイフォー)リノベーション_事例 #418

2×4(ツーバイフォー)リノベーション
事例 #418

場所_東京都 / -
築年数_築30年 / リフォーム面積_120㎡
工期_5ヶ月

MORE

2×4 (ツーバイフォー) リノベーションをお考えの方は、まずは2×4 (ツーバイフォー) 工法について正しく理解しておきましょう。2×4 (ツーバイフォー) 住宅は、19世紀はじめに北米で生まれました。最低限の建材で、耐久性の高い住宅をつくるために考えられた合理的な工法です。それまで木造といえば在来工法だった日本で採用されるようになったのは、1970年代。在来工法は大工さんの技術によって品質が左右されてしまうため、技術レベルに関係なく一定の品質を保つことができ、工期を短縮できる2×4 (ツーバイフォー) 工法が広く普及していきました。こうして大手ハウスメーカーにより大量に供給された2×4 (ツーバイフォー) 住宅の多くは今、リノベーション適齢期を迎えているようです。中古の2×4 (ツーバイフォー) 住宅が多く出回っており、2×4 (ツーバイフォー) リノベーションを前提に購入する方も少なくありません。

では、2×4 (ツーバイフォー) 住宅には、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。2×4 (ツーバイフォー) 工法の大きな特徴は、壁という“面”で構成されていること。そのため在来工法よりも地震や強風に強く、また高断熱・高気密で冷暖房効率が高くなります。また耐火性が高いため、防火地域に建てることができます。デザイン面でもメリットが。2×4 (ツーバイフォー)住宅は柱や梁が露出することがないため、フラットな空間をつくることが可能です。家具や絵画を配置しやすく、思いのままにインテリアコーディネートをたのしむことできます。

ただし、2×4 (ツーバイフォー)リノベーションにはメリットとデメリットがあることを知っておきましょう。2×4 (ツーバイフォー) 工法の新築はスムーズですが、2×4 (ツーバイフォー) リノベーションとなると、間取りの制限が出てきます。2×4 (ツーバイフォー)住宅は、建物の重さを支えている構造壁を動かすことができません。つまり、2部屋をつなげて大空間にしたり、水まわりの位置を変えたりといった間取り変更が難しくなるのです。しかし、2×4 (ツーバイフォー) 工法は構造を理解しやすいというメリットがあります。在来工法だと解体後でなければ確実なプランを立てられないのに対し、2×4 (ツーバイフォー) リノベーションでは、解体前でも確実なプランをつくりやすい傾向に。2×4 (ツーバイフォー) 工法のルールを理解し、補強することで壁を開口できるケースもあります。

このように、2×4 (ツーバイフォー) リノベーションはやや特殊で、建築知識と技術、経験、またデザイン力が求められます。できること・できないことは、リノベーション会社によりますので、2×4 (ツーバイフォー) リノベーションの実績のある会社に依頼しましょう。

2×4(ツーバイフォー)リノベーション

2×4 (ツーバイフォー)リノベーションは、解体前から確実なプランをつくりやすい反面、建物を支える壁を動かせず、プランが制限されてしまうことも。
2×4 (ツーバイフォー)リノベーションをお考えの方は、2×4 (ツーバイフォー)リノベーションの知識と経験が豊富な会社に依頼しましょう。

2×4(ツーバイフォー)リノベーション トップ