大人のインダストリアル空間。
close
P1


「アンティーク煉瓦塗装」

アンティーク煉瓦の上からざっくりと白いペンキを塗装。ロフトアパートをおもわせるムラのある仕上がりです。

P1


「モルタルの床」

既存のカーペットをはがし、モルタルを塗りました。クラックやムラ感があらわれ、無骨な素材感がたっぷり。

P1


「ひと続きのWIC」

部屋とひと続きのWIC兼ドレッシングルーム。ファブリックガラスの框ドアで仕切り、広がりを演出しました。

大人のインダストリアル空間。
close
P1


「ヘリンボーンの床」

玄関〜キッチンの床は、オークの無垢をヘリンボーン張りに。上がり框の黒皮鉄でクールに引き締めています。

P1


「メタリックな壁」

玄関ドア~収納~キッチンの壁は特殊塗装。光があたるとメタリックなテクスチャーが際立ちます。

大人のインダストリアル空間。
close
P1


「ガラスで伸びやかに」

洗面スペースと浴室はガラスで間仕切り。ガラス越しにグレーのタイルがつながり、伸びやかさを感じさせます。

P1


「クリスタルな水洗」

水洗は、Sさんが選んだハンスグローエ社のアクサースタルクVを。うつくしい水の渦をたのしめます。

大人のインダストリアル空間。

都心の中古マンションを購入したSさん。「欧米のロフトアパートメントのようにしたい」と思ったところから、リノベーション物語がはじまりました。
1人暮らしということから、間取りはシンプルなワンルーム+WICに変更。水まわりを一カ所にまとめることで、ゆとりのある居住スペースを確保しました。モルタル塗りの床、白く塗装したアンティーク煉瓦、あらわしのコンクリート躯体。建物の経年を活かし、無骨なぬくもりのある空間に仕上げています。そこに塗装の白い壁、ファブリックガラスの引き戸、シンプルな家具をプラスし、上質な雰囲気を感じられるように。ホテルのようにくつろげる、大人のインダストリアルな空間が誕生。古材と黒皮鉄の棚やメタリックな特殊塗装が、ほどよいスパイスとなっています。

 

  • 場所_ 東京都 港区  /  家族構成_ 本人
  • 築年数_ 22年  /  リフォーム面積_ 52㎡
  • 工期_ 2ヶ月  /  費用_ 1245万円

他のデザイン実例OTHER WORKS クラフトのこれまでのデザイン実例です。


大人のインダストリアル空間。 トップ