曲線で生まれるくつろぎ。
close
P1


「天井に描くR」

配管経路を動かして一部の天井をアップ。折り上げ部分のコーナーにはR(曲線)を描かせ、間接照明を。天井に張ったフローリングの木目が浮かびます。


P1


「宙に浮かぶカウンター」

カウンター収納もコーナーにR(曲線)を描かせました。白とグレーのメタリックな物体が宙に浮いているような、個性的なデザインがポイントです。


曲線で生まれるくつろぎ。
close
P1


「あざやかなグリーン」

キッチンの背面収納は引き戸で覆ってフラットに。引き戸に塗ったあざやかなグリーンが、白と木でまとめたLDKのアクセントカラーに。


P1


「空間をつなげるRの梁」

構造上動かせない梁が空間を分断してしまう心配があったことから、梁をR(曲線)に成形し、大らかなつながりをつくりました。


曲線で生まれるくつろぎ。
close
P1


「ディスプレイするWIC」

持ちもののサイズ・数に合わせたWIC収納を造作。バッグや帽子をディスプレイしながら収納する棚により、コーディネートがしやすくなりました。


P1


「寝室〜WIC〜浴室の動線」

奥さまのご要望で、寝室〜WIC〜浴室が一直線につながる動線を設けました。朝の身支度や就寝の準備がスムーズになったそうです。


曲線で生まれるくつろぎ。

リノベーションを前提に中古マンションを購入したご夫婦。R(曲線)や、白と木をベースにビビットカラーを散りばめたミッドセンチュリーな空間は、 「ずっと前からリノベーションで理想の家をつくりたかった」というご主人さまのご希望でした。 Rを描く柱や梁は、おだやかな空気感をつくり、空間につながりをもたらしています。さらに、寝室〜WIC〜バスルームといった動線、持ちモノのサイズと数に合わせた収納を設けるなど、デザイン性だけでなく過ごしやすさにも配慮。寝室と WICは奥さまのご希望でピンクとパープルでまとめ、シックでガーリーな雰囲気に。ドアの取っ手、蛇口までお2人の好みにこだわった 住まいは、「どこのカフェやホテルよりもくつろげます」とご満足のご様子でした。

  • 場所_ 東京都 新宿区  /  家族構成_ 夫婦
  • 築年数_ 13年  /  リフォーム面積_ 80㎡
  • 工期_ 3ヶ月  /  費用_ 1500万円

他のデザイン実例OTHER WORKS クラフトのこれまでのデザイン実例です。


曲線で生まれるくつろぎ。 トップ