マイペースに暮らしたい。
ワタシの家作り物語 ワタシの家作り物語 MY HOUSE MAKING STORY vol.005

マイペースに暮らしたい。

好きなものをめいっぱい伝えて。

ご実家の2階に家族3人で暮らすTさん。奥さまが、初めてクラフトの相談会に訪れたときのことを話してくれました。
「はじめはローンでいくら借り入れできるのかわからず、予算もはっきりしていなかったんです。担当者の方に『プランよりもまずはそれを明確にしましょう』と言われ、お金のことを相談させていただきました。予算の見通しができて、やっとリフォームが現実的になっていったという感じでしたね」
いざプランを決める段階になると、雑誌の切り抜きなどで好きなテイストや素材を細かく伝えてくれました。
「ヨーロピアンオークのフローリングや、NYの地下鉄のような壁といった、個性的な素材をたくさん使いたかったんです。デザイナーさんは私の好みがすっかりわかったようで、まさにストライクなデザインばかり提案してくださいました。『ここまで細かく言うとしつこいかな』なんて思うこともあったけど、言ってよかったです。すべて思い描いていた通りになったから」

固定概念にとらわれない間取り。

「デザイナーさんに『スペースを最大限に使えるリビングが欲しい』とお話ししたら、ユニークなプランを提案されました。リビング・ダイニング・キッチンの境界線をなくして、14畳のLDKをのびのびと使うというもの。キッチンで宿題をしたり、リビングで食事をとったり、いかにも自由な感じで『マイペースな私たちの暮らしに合ってるかも』と思いました」
木造パネル工法のため壁が抜けないとされていましたが、構造計算に基づいて補強しつつ一部を撤去。新たに廊下を設けることもできました。キッチンを置いたオープンスペースをすっきりとさせるため、奥はバックスペースのような大型のパントリーに。
「パントリーにある作業カウンターはデスクとしても使えて、なんだか私の個室みたい。朝のやさしい光に包まれながらコーヒーを飲んでいると、気持ちがよくってウトウトしちゃいます(笑)」
“こうあるべき”という固定概念にとらわれない間取りが、Tさんご一家の暮らしにフィットしました。

他の家づくり物語OTHER COLUMN クラフトが紡ぐ、そのほかの物語です。

家づくりのこと

一戸建てのリフォームにはないさまざまなメリットがあるマンションリフォーム。もちろんデメリットについてもご紹介しています。
古いマンションのリフォーム・リノベーションには、中古マンションを購入しリフォームする場合と、今住んでいる古いマンションをリフォームする場合があります。

マイペースに暮らしたい。 トップ