宝箱で暮らすみたいに。
ワタシの家作り物語 ワタシの家作り物語 MY HOUSE MAKING STORY vol.004

宝箱で暮らすみたいに。

ヴィンテージマンションの醍醐味。

Sさんが購入した中古マンションは、昭和モダニズムの魅力に満ちたヴィンテージマンション。
「外観も含めたデザインや風格がとても気に入って購入したんです。だから、このマンションの風格を損なわず、かえって魅力が活きるようなデザインにしたかった」
そこでLDKの床には、エイジング加工を施したオークのフローリングを敷きました。使い込まれ、色褪せ、肌になじむような風合いは、このマンションの深い歴史と重なっているような趣き深さ。ご愛用だったヨーロピアンアンティークの家具は、この床によって重厚感や華やかさを取り戻したかのようにいっそう輝きはじめました。また、窓際の壁に毅然と並ぶ白いタイルはちょうど外壁から流れ込むような格好で、このマンションの魅力の1つとなっています。
「当時の建築家たちが、『これまでにない家をつくってやろう』と躍起になって生まれたデザイン。文化的な意味でも、タイルは絶対に残したいと思っていました。こんな形で実現できてよかったです」
空間のアクセントとしたタイルの壁が、時を越えて人々の暮らしをモダンに彩ります。

アンティーク×モダン。

中世ヨーロッパを想わせる調度品の数々や、アンティークのキャビネット。お持ちの個性的なアイテムをどのようにミックスするかが課題でした。
「とくに懐古主義ってわけじゃなく、ステンレスやガラスのモダンでクールな感じも好きなんですよね。とは言ってもアンティークとモダンじゃあまりにも両極端なので、一つの空間に置くのはちょっと無理かな、と思っていました」
テイストの異なるアイテムをやみくもに並べると雑多な印象になりがちなため、クラフトではバランスを考慮しながら慎重にプランニング。リビングと玄関の正面の壁には、艶やかに模様が浮き立つ輸入クロスを張り、キッチンはステンレス、上部にはお気に入りのシャンデリアを配置。個性の強いアイテムの数々が、心地よいリズムで交差しています。
「プランを見たときはすごく嬉しかったです。自分の好きなモノを詰め込んだ宝箱って感じ。いい家に住むと『家に帰ってくるのが楽しみになる』ってよく聞いていたけど、本当ですね」

他の家づくり物語OTHER COLUMN クラフトが紡ぐ、そのほかの物語です。

家づくりのこと

一戸建てのリフォームにはないさまざまなメリットがあるマンションリフォーム。もちろんデメリットについてもご紹介しています。
古いマンションのリフォーム・リノベーションには、中古マンションを購入しリフォームする場合と、今住んでいる古いマンションをリフォームする場合があります。

宝箱で暮らすみたいに。 トップ