コミュニケーションが生み出す家①
つくる人々の物語 つくる人々の物語 MY HOUSE MAKING STORY vol.003

コミュニケーションが生み出す家①

現場にもセンスを。

クラフトの営業・デザイン・施工、全てのセクションを総括している代表の久村。

長年家づくりに携わってきた立場から、リノベーションの難しさについて聞いてみました。

「これまでと違って、現場の職人さんのセンスが重要になってくる。たとえば、タイルをわざと大まかに貼ったり、色ムラに塗装したり、整然さよりもラフさを表現しなければならないことが多くなってきた。だけど、こういうのって図面で指示が出せないから、お客様やデザイナーのビジョンを現場がしっかりと把握することが重要になってくるんだよ」。お客様の理想がどんどん多様化しているからこそ、家づくりに関わる人がしっかりとコミュニケーションを取り合い、微妙なニュアンスを理解して、現場で確実に再現することが大切。施工前の地道な下準備が、クオリティの高いリノベーションを実現するのです。

リノベーションは、つくり手も楽しい。

「私たちと一緒にやっている職人さんはすごく頼りになる。『これはちょっと技術的に無理かな』なんて設計図を見せると『うーん、これは無理だけど、こういった方法ならできるんじゃない』って、違う提案をしてくれる。本当に驚くべき技術をたくさん持っているんだ。それをひけらかさないとろこが、またカッコいいよね」

職人さんたちの優れた技術をはじめ、営業やデザイナーなど、クラフトのスタッフ全員の能力を引き出すために、楽しみながらリノベーションに携わってもらえるよう努力しているのだとか。子供の頃プラモデルに夢中になったような、ただ「いい家をつくりたい」という単純かつ純粋な気持ちが、アイデアとモチベーションの源泉となっているのです。そういう意味で、クラフトにはピュアなスタッフばかり集まっているのは、ほとんど奇跡と言えるかもしれません。

他の家づくり物語OTHER COLUMN クラフトが紡ぐ、そのほかの物語です。

家づくりのこと

一戸建てのリフォームにはないさまざまなメリットがあるマンションリフォーム。もちろんデメリットについてもご紹介しています。
古いマンションのリフォーム・リノベーションには、中古マンションを購入しリフォームする場合と、今住んでいる古いマンションをリフォームする場合があります。

コミュニケーションが生み出す家① トップ