趣味をインテリアに。
ワタシの家作り物語 ワタシの家作り物語 MY HOUSE MAKING STORY vol.016

趣味をインテリアに。

心はずむ楽器は、魅せるもの。

ひょっとして、趣味の道具をしまいこんでいませんか? 好きなことに使うための道具は、眺めているだけでもたのしい気分にさせてくれますね。大好きな道具が目にとまると、使わなくてもわくわくします。大好きな映画を眺めたり、音楽を聴いているときのような、そんな気分です。
「休日は家族で楽器を演奏。忙しくてなかなかできないけれど、これが最高のたのしみなんです」と奥さま。そこでデザイナーが提案したのは、趣味を身直に感じるプラン。ダイニングの横には家族で使う音楽スタジオを設け、大きなガラスの扉で間仕切りしました。ガラスの向こうにずらりと並ぶ、ギターやレコードの数々。「あー、弾きたい! と思うけど、これを眺めてひとまず我慢。みんなで『週末はあの曲をセッションしようか?』なんて盛り上がっちゃいます」

趣味のアイテムを飾るリノベーションの実例

サーフボードがうれしさを運ぶ。

サーフィンが趣味のご主人さまは、サーフボードを数枚お持ち。「ふだんはケースにしまって物置に。...えっ、もったいないですか?」
カリフォルニアスタイルにリノベーションしたお住まいだから、サーフボードがインテリアとなり、理想の空間に近づけてくれるはず。市販で売っているものもあるけれど、空間に合わせて壁掛け木製サーフボードラックをオリジナルで製作しました。ボードの枚数とサイズから、フックの厚みや斜めの角度を検討。エイジング塗装を施し、使い込んでいい味が出ているボードと違和感のないように。角がRを描いているのは、ぶつかってもボードに傷がつかないための工夫です。「『あ、ボードにワックス塗っとかなきゃ』とか気がつきやすいし、出し入れもラク。でも、お気に入りのボードをいつも見ていられることが、やっぱり一番かもしれないな」

趣味のアイテムを飾るリノベーションの事例

他の家づくり物語OTHER COLUMN クラフトが紡ぐ、そのほかの物語です。

家づくりのこと

一戸建てのリフォームにはないさまざまなメリットがあるマンションリフォーム。もちろんデメリットについてもご紹介しています。
古いマンションのリフォーム・リノベーションには、中古マンションを購入しリフォームする場合と、今住んでいる古いマンションをリフォームする場合があります。

趣味をインテリアに。 トップ