What is REFORM リフォームとは

リフォームをすると、ライフスタイルはどのように変わるの? 資産価値は? リフォームに向いている人は?
リフォームとリノベーションの違いなど、リフォームを考え始めた初心者さんに知ってほしい情報をご紹介しています。

リフォームとリノベーションは同じ?

基本的にリフォームは、古くなった建物の構造や設備を、新築時の状態に戻すことを言います。いろいろな会社のHPを見ていると、リフォームとリノベーションが使い分けられている場合もあるようです。リフォーム(reform)は改正・改善という意味があるのに対し、リノベーション(renovation)は革新・刷新という意味があります。わかりやすく言うと、和室を洋室に変えたり、クロスの張り替えやキッチン交換といった部分的な改装はリフォーム。あくまでもマイナスだった状態をもとに戻すだけで、それ以上の価値は生まれません。一方、大幅な間取り変更や、デザインの変更はリノベーション。こちらは既存のコンセプトそのものを見直し、マイナスだった状態からゼロを飛び越えて、+αの価値を与えます。しかし、大幅な間取り変更やデザイン変更をともなうフルリフォームやスケルトンリフォームはどうでしょう? これらのリフォームは、リノベーションと同じように大きなコンセプトの変更と大規模な工事を行うため、リノベーションとまったく変わりはありません。また、一世帯を二世帯で暮らせるようにするリフォームや、ビルを住まいに変えるリフォームも同じ。建物の役割や性能そのものを変えてしまうリフォームは、リノベーションと言っても過言ではないでしょう。〈住まいをつくる〉という意味では、リフォームもリノベーションもほとんど同じです。クラフトでは、コンセプトや間取りを大幅に変えるリフォームは、リノベーションと同じように行っています。

リフォームが向いている人

新築を買うか、リフォームをするか。迷われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。人それぞれ価値観があるため、「どちらがいい」と、はっきりとお伝えできません。新築なら、すぐに新生活をスタートできるというメリットがありますね。注文住宅でない限りは、はじめから間取りやデザイン、設備が決まっており、「プランをどうしよう」「どんなキッチンにしよう」などと、頭を悩ませる必要はありません。スムーズに住み替えをしたい方は、リフォームよりも新築がおすすめです。では、どのような方がリフォームに向いているのでしょう? 一言で言うと、〈ライフスタイル全体に強いこだわりがある方〉です。もちろん、どのような方でも住まいに対するこだわりはあると思います。しかし、リフォームが向いている方は、エリアや間取り、デザイン、設備それぞれに特別な思い入れがあり、「多少時間がかかっても一理想的な住まいを手にいれたい」と考えています。物件探しのとき、ほとんどの方が重視するのがエリアです。職場へのアクセスがよいエリア、お子さまの希望学区内、都心の閑静な住宅街。ご希望のエリアに、新築物件だけを探すのはむずかしいかもしれません。しかし、多く流通している中古物件を視野に入れるとどうでしょう。リフォームが前提であれば、古さや間取りを気にせず選ぶことができ、選択肢が広がります。また、新築のマンションや建売りの戸建ては、あらかじめ間取りとデザイン、設備が決められています。家族構成やライフスタイルが多様化している今、画一的な間取りやデザインがフィットするケースはほとんどないでしょう。「ちょっとリビングが狭いな」と思っても、妥協しながら暮らすことになります。一方でリフォームは、間取りやデザイン、設備をご自身で決めることもできます。「LDKを思いっきり広くしたい」「業務用キッチンを使いたい」「ホームパーティーできるように」といったご希望も、リフォームで叶えることができます。0このように、リフォームは小さなこだわりを積み重ねて住まいをつくります。どんな高級ホテルよりも「我が家が一番心地よい」と思える空間をつくりたい方は、リフォームが向いていると言えそうです。

コンセプトのあるリフォームで資産価値を上げる

クラフトのリフォームは、既存の建物とはまったく異なるコンセプトで住まいをつくり替えます。経年変化による劣化をもとの状態に修復するだけでなく、暮らす人が心地よさや愛着を感じるような間取りとデザインで、新たな価値をつくるのです。そのため、クラフトのリフォームでは、プランをつくる際に、お施主さまに対して何度もヒアリングを重ねます。そうして家族全員の家での過ごし方や、奥さまの家事の流れ、ゲストの人数などをイメージしながら、暮らしにフィットする間取りやデザイン、動線をつくりあげていくのです。壁を動かしてLDKを広くしたり、収納を増やしてすっきりとさせたり、またビルを住まいにリフォームしたり。一世帯住宅を二世帯住宅にリフォームするなど、リノベーションと同じように住まいそのもののコンセプトを変えていきます。もちろん現在の暮らしにフィットさせるだけでなく、お子さまの独立や介護など、将来を見据えてプランニングすることも忘れません。クラフトのリフォームは、新たなコンセプト生み出すことで、住まいに新たな価値をももたらしています。

リフォームでライフスタイルが変わる

「リフォームをしたら、休日は家で過ごすようになった」「子供たちが片付けるようになった」「友だちがたくさん遊びに来るようになった」など。ほとんどの方が、「リフォームをしてライフスタイルが変わった」とおっしゃいます。なぜだと思いますか? それは、暮らす人の理想にどこまでも忠実に寄り添ったリフォームプランをつくるからです。しかし、ただ表面的なご希望をキャッチするわけではありません。たとえば、「広いリビングが欲しい」という声があれば、「家族で過ごすことが多いのかな」「ゲストをたくさん招くのかな?」「もしかしたら、大きな家具をお持ちなのかも」とさまざまな想像を巡らせます。家族でリビングに集まることが多ければ、リビングを中心に家族の個室をレイアウトするプランが浮かんできます。ゲストをたくさん招くなら、リビングを通らずに個室に行けるプランのほうがよいかもしれません。大きな家具をお持ちであれば、家具のサイズをきちんと測り、ぴったり合うように空間を構成します。同じ「リビングを広くしたい」というご希望も、“なぜそうしたいのか”という思いによって、プランが大きく変わってくるのです。オーダーメイドのリフォームは、住む人ひとりひとりの〈理想のライフスタイル〉に向かってオリジナルのプランをつくり上げます。だからこそ、暮らす人のライフスタイルを大きく変える力があるのです。

リフォーム向き物件の探し方

「中古を買ってリフォームしようと思ったら、希望の間取りにできなかった」という声を聞くことがあります。たしかに、たくさんの物件のなかからリフォームに適した物件を選ぶのは、むずかしいことです。ご希望どおりに間取り変更できるかどうかは、建物の構造が大きく関わってくるからです。一般的には、木造の在来工法や鉄筋コンクリート(RC)は「リフォームに向いている」と言われています。ただし、それ以外の構造でも、ご希望のリフォームプランを実現できるケースもあり、一概に「できない」とは言えません。たとえば、RC造のマンションのうち、ひとつはRCのラーメン構造で、もうひとつは、RCの壁式構造だったとします。ラーメン構造は壁を動かして間取りを変更できるのに対し、壁式構造は動かせない構造壁がほとんど。しかし、動かせる壁もあり、その可能性を探る価値は多いにあると思います。「よい物件だけど壁式構造だから」と避けていると、物件の選択肢が狭まるだけ。できれば購入前にリフォーム会社に相談し、ご希望どおりのリフォームができるかを判断してもらいましょう。物件探しからサポートするクラフトの〈ワンストップリノベーション〉を利用する方法も一つの手です。まワンストップアドバイザーがご希望のエリアや価格、理想の空間などをお聞きし、それを実現できる物件だけを厳選してご紹介します。確実にリフォーム向きの物件を購入したい方は、こちらもおすすめです。

リフォームは、リノベーションと区別されがちですが、大規模なリフォームだとほとんどリノベーションと同じです。
”間取りやコンセプトを大幅に変えるリフォームは、リノベーション”と考えてもよいでしょう。

リノベーションとは トップ